PDFや紙図面の取り込み・
編集が可能です
Easy to do
Special
PDFを有効活用
お気軽にお電話でご連絡ください
052-589-0127 052-589-0127
8:00~20:00

日々の図面作成業務に関して

こんなことでお困りではありませんか?
  • 1. 図面データをPDFでもらうことが多い
  • 2. 使用しているCADソフトにPDFを読み込めない
  • 3. 図面はいつもFAXで送られてくる
  • 4. スキャンしたPDFを建築図として使用したい
  • 5. 建築図の作成に時間がかかる
Check!
ひとつでも当てはまる項目があった方には
電気工事CADソフト「JS楽打」がおすすめです!
Point
1

PDFを簡単取り込み

電気工事CADソフト「JS楽打」なら、メールやFAXでもらったPDFファイルをCAD上に簡単に取り込むことが可能です。

建築図を一から作成する手間が省けるため、図面の作成時間が大幅に短縮できます。

Point
2

紙図面でも編集できる

FAXでもらった紙図面でも、PDFにスキャンしてCAD上に取り込めば、削除・移動・複写などの編集を行うことが可能です。

不要な文字や寸法を削除したり、文字位置を移動したりすることができるため、電気シンボルや配線が見やすい建築図を簡単に仕上げることができます。

Point
3

ベクターPDFならCADに変換可能

CADソフトから直接PDF化されたベクターPDFであれば、ワンクリックでCADに変換して取り込むことが可能です。

すべての線や文字はCAD化されるため、文字変更や色変更、要素ごとの削除やレイヤ設定など、様々な編集機能を自由にお使いいただけます。

お気軽にお電話でご連絡ください
052-589-0127 052-589-0127
8:00~20:00
「JS楽打」が選ばれる

3つの理由

  • REASON
    01

    わかりやすい日本語メニューボタンで

    苦手な方でも簡単操作で安心

    作画はキーボード要らず

    電気工事CADソフト「JS楽打」はCADを使ったことがない方でも安心してお使いいただけるよう、マウスの左クリックだけで簡単に図面作成が行える仕様になっています。

     

    すべてのコマンドメニューは日本語表記でわかりやすく、作図に合わせてクリックするだけであっという間に電気図面が完成します。

    CAD-1
  • REASON
    02

    図面をそのまま見積へ

    拾い集計機能で楽々見積作成

    クリックひとつで自動集計

    「JS楽打」で作画した図面は、拾い集計機能を使って電気シンボル・配線をクリックひとつで自動計算することができます。

     

    また、CAD上で拾った材料をそのまま見積書へ連動させることができるため、見積・請求書や材料集計表等の各種書類があっという間に完成します。

    見積-1
  • REASON
    03

    専門のインストラクターが直接訪問

    安心のサポート体制

    電材カタログデータの更新も

    導入後は安心してソフトをお使いいただけるよう、訪問サポート・電話サポート・遠隔サポートの3つのサポート体制でしっかりとフォローいたします。

     

    電話・遠隔サポートは営業時間内であれば何度でもご利用いただくことができ、お困りごとがあればすぐに対応いたします。

    ff1c2bb4c7e83ef8233b5aff9d338bf3_s

PDFを使った図面作成の流れ

  • STEP
    01

    PDF取り込み

    PDFファイルを取り込みます。

    FAX等でもらった紙図面もPDFにスキャンすることで取り込みが可能です。

    cad4
  • STEP
    02

    図面編集

    不要な文字や箇所があれば削除します。

    また、縮尺が異なる場合は「倍率調整機能」を使って簡単に縮尺補正をすることが可能です。

    cad5
  • STEP
    03

    電気作図

    出来上がった建築図の上に電気シンボルや配線を作図します。

    専用のコマンドメニューからシンボルを選んでワンクリックで配置していくだけなので、どなたでも簡単に作図が行えます。

    cad6
  • STEP
    04

    図面完成

    あっという間に図面が完成します。

    cad2

簡単操作の「JS楽打CAD」をぜひ一度ご覧ください

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事