解説します!

ヘッダー工法と先分岐工法
メリット デメリット
Special
CADソフトにご興味のある方はこちらから
お気軽にお電話でご連絡ください
052-459-5505 052-459-5505
8:00~21:00

 

 

 

そもそも工法とは?

工法とは「加工や工事の方法」のこと

 

工法と呼ばれる単語は様々の業界で使用されますが、今回は水道管工事の中に含まれるヘッダー工法・先分岐工法について解説していきます。

塩ビ管工法については【こちら】から。

お気軽にお電話でご連絡ください
052-459-5505 052-459-5505
8:00~21:00

戸建住宅の代表的な3つの工法

さや管ヘッダー工法

さや管ヘッダー工法とは?

•ヘッダーをスタート地点に分岐し、それぞれの機器に給水・給湯管を   配管し接続する工法。

 

•一般的にさや管をヘッダーから機器まで先行して配管を行う。

 

•その後ヘッダーの分岐地点から、架橋ポリエチレン管・ポリブデン管といった合成樹脂管(給水・給湯管)をいっきに通していく工法。

メリット・デメリット

【メリット】

・配管作業の点検が簡単
・配管の更新が簡単にできる
・さや管により給水・給湯管が痛まない
・複数同時使用による水量変化が少ない
・結露の発生をおさえる
・漏水のトラブルの低減

 

【デメリット】

・配管の本数が増えるので材料費が増える
・さや管の配管の施工にはなれが必要
・設計段階でしっかりと配管計画が必要

お気軽にお電話でご連絡ください
052-459-5505 052-459-5505
8:00~21:00
被覆ヘッダー工法

被覆ヘッダー工法とは?

•発砲被覆された合成樹脂管(給水・給湯管)をヘッダーの分岐地点から個々の機器にそれぞれ配管して接続する工法。

 

•さや管と給水・給湯管を一緒に配管するイメージ。

 

•最近の集合住宅などでの採用が増えてきている。

メリット・デメリット

【メリット】

・配管作業が簡単なので工期が短縮できる

・保護被覆により給水・給湯管が痛まない

・複数同時使用による水量変化が少ない

・結露の発生をおさえる

・漏水のトラブルの低減

 

【デメリット】

・配管の更新時には保護被膜された合成樹脂管ごと交換

・配管の本数が増えるので材料費が増える

・設計段階でしっかりと配管計画が必要

お気軽にお電話でご連絡ください
052-459-5505 052-459-5505
8:00~21:00
樹脂管先分岐工法

樹脂管先分岐工法とは?

•給水・給湯管を必要箇所に応じてエルボ、チーズ等で分岐する工法。

 

•硬質塩化ビニル管や、金属管などで行われていた従来の工法を、樹脂管で行う在来工法。

 

•ヘッダーでスタート地点での分岐はしないので、配管の本数は少なくなり、すっきりとする。

 

•おもに戸建住宅で採用されている。

メリット・デメリット

【メリット】

・配管作業が簡単で工期が短くてすむ

・樹脂管により給水・給湯管が痛まない

・結露の発生をおさえる

・配管が少なくすみコストが安い

 

【デメリット】

・配管の更新時は樹脂管ごと交換

・複数同時使用による水量変化がある

・接続箇所からの漏水の恐れがある

お気軽にお電話でご連絡ください
052-459-5505 052-459-5505
8:00~21:00

これらの工法が図面で簡単に作図できます

 

 

申請くんfが選ばれる

3つの理由

  • REASON
    01

    給水配管図も自動で

    市町村毎の線の色やマークは設定済

    申請くんf」は自動で配管ルートや立面図、縦断図などを作成する機能がございます。

    そのため今までCADを触った事がない方、パソコンが苦手な方でも簡単に図面が描ける様なソフトになっています。

     

    a_p3_1
  • REASON
    02

    申請業務が初めてでも安心

    誰でも早く簡単に

    申請地区を選択するだけで、各市町村の指針にそった図面や書類が作成できます。

    その他にも担当者別、年度別、請負会社別など、物件を分けて作成できる為、物件管理が簡単という特徴もあります。

    suido3b
  • REASON
    03

    安心のサポート体制

    電話・遠隔サポートがございます

    導入後は安心してソフトをお使いいただけるよう、遠隔での導入講習を行っています。その他にも、使っていく中でわからない点やお困りごとが出てきましたら、電話・遠隔サポートでしっかりとフォローいたします。

    また、お電話での遠隔サポートは営業時間内であれば何度でもご利用いただくことができるため、お困りごとがあればすぐに対応いたします。

    caa074b56be8959697cb5eac71b0a890_s

お問い合わせはこちらから

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事