水道

公共工事と民間工事の違いとは?
Special
お問い合わせはこちらから
お気軽にお電話でご連絡ください
052-459-5505 052-459-5505
8:00~21:00

はじめに

工事業者の方なら耳にしたことがある、公共工事と民間工事。

それぞれの工事の違いについて知っていますか?

本記事では、公共工事と民間工事の違いを詳しく解説していきます!

工事業者必見のソフトもご紹介していますので、是非最後までご覧ください!

工事に
ついて

公共工事とは、国や都道府県、市町村が発注者となり、税金を財源として行う工事のことです。

主な工事対象として、道路、ダム、下水道などがあります。

環境の改善や生活の質の向上など、住民の生活を支えることを目的として実行されます。

 

民間工事

民間工事とは、個人や企業が請負業者となり、資金調達による財源をもとに行う工事のことです。

つまり、公共工事以外はすべて民間工事となります。

主な工事対象として、ビル、住居、商業施設などがあります。

適切な品質を確保し、安全な構造物を企業や個人に提供することを目的として実行されます。

 

お気軽にお電話でご連絡ください
052-459-5505 052-459-5505
8:00~21:00

公共工事と民間工事の違い

  • STEP

    01

    資金源

    公共工事には、税金が用いられます。

    民間工事には、民間の企業が資金を捻出して工事を行います。

  • STEP

    02

    発注までの流れ

    公共工事では、工事を発注する官庁が工事の公告を行い、業者へ発注する公共工事を公開します。

    民間工事では、請負業者と所有者の間で交渉を行い、工事を実行します。

  • STEP

    03

    工事書類

    公共工事は、法律に則り、契約書や 工程書、施工契約書など多種の書類を作成・管理する必要があります。

    民間工事は、公共工事よりは少ないようです。

     

    関連記事:【公共工事を請け負う業者様におすすめです】

     

     

お気軽にお電話でご連絡ください
052-459-5505 052-459-5505
8:00~21:00
公共工事を受注するメリット①

インフラフロー効果

工事を行うことで雇用が生まれます。

また、工事で使用する資機材の購入や、生活者が増えることによる消費活動 (食材) の増加によって、経済活動も活発になります。

 

公共工事を受注するメリット②

インフラストック効果

インフラが整備されることで副次的に得られる社会的効果があります。

整備されたインフラが機能することで、中長期にわたり、得られる効果のことです。

 

図面作成・申請書類があっという間にできるソフトがあります!

申請くんfが選ばれる

3つの理由

  • REASON
    01

    給水配管図も自動で

    市町村毎の線の色やマークは設定済

    申請くんf」は自動で配管ルートや立面図、縦断図などを作成する機能がございます。

    そのため今までCADを触った事がない方、パソコンが苦手な方でも簡単に図面が描ける様なソフトになっています。

     

    a_p3_1
  • REASON
    02

    申請業務が初めてでも安心

    誰でも早く簡単に

    申請地区を選択するだけで、各市町村の指針にそった図面や書類が作成できます。

    その他にも担当者別、年度別、請負会社別など、物件を分けて作成できる為、物件管理が簡単という特徴もあります。

    suido3b
  • REASON
    03

    安心のサポート体制

    電話・遠隔サポートがございます

    導入後は安心してソフトをお使いいただけるよう、遠隔での導入講習を行っています。その他にも、使っていく中でわからない点やお困りごとが出てきましたら、電話・遠隔サポートでしっかりとフォローいたします。

    また、お電話での遠隔サポートは営業時間内であれば何度でもご利用いただくことができるため、お困りごとがあればすぐに対応いたします。

    caa074b56be8959697cb5eac71b0a890_s

お気軽にお問い合わせください!

Contact

お問い合わせ